労働力の不足している業界の外国人派遣

外国人派遣

外国人派遣について

労働力の不足している業界の外国人派遣

日本は少子高齢化の影響で生産人口の減少が顕著になっています。
外国人派遣を専門にしている派遣会社には求人要請が間断なく行われています。
日本の企業は業績の改善による雇用の確保が重要な経営課題となっており、新卒の採用を増やしています。
サービス業や福祉事業では即戦力を必要としているので比較的賃金が安い外国人派遣を人員の確保の一つの選択肢として重視しています。
特に看護師や介護士は資格が必要なため資格取得の教育を並行して行っています。
建設業界においても作業員の不足が顕著となっており、企業によっては人員が不足していることによって受注に影響が出ているケースが見られます。
建設業では他の国で資格を取得した場合にはその国以外でも認めることにするという協定を結ぼうとする動きは出ているのですが、現在時点では成立していないのが現状です。
今年から派遣が認められる業種が広がりましたので、従来は研修として行っていた外国人派遣も単純派遣が出来るようになりましたので、今後の増加が見込まれます。

外国人派遣

札幌 ボイラー修理

情報漏洩対策

【労災センター共済会】一人親方の労災保険の特徴をご紹介

サイパン ダイビング

外国人派遣関連情報

外国人派遣が増加している現状について

現在、日本にはたくさんの外国人が暮らしています。
外国人が日本で仕事を探すのは大変困難ですので

外国人派遣による労働力の確保について

日本経済は、まだまだ好景気とは言えず、有効求人倍率も少し改善されてはいるものの、失業率が低い水準にあ

外国人派遣労働者の受け入れに関して

近年、外国人労働者を雇用する企業が増えています。
これには、いくつかの理由が考えられます。

最新の外国人派遣